不同沈下対策工法

不同沈下対策

不同沈下とは、建物の上載荷重が地盤へ不均一に作用し、建物が斜めに傾くことを指します。不同沈下が発生することによって、戸や窓が閉まらない、体調が優れなくなるなど、生活に様々な支障を来たします。最悪建物の倒壊の原因にもなります。

不同沈下の原因

不同沈下は、以下の地盤条件下などで発生する恐れがあります。

WIB工法により、これらの地盤を強くすることで不同沈下の抑制の足がかりとなります。

WIB工法の安定設計

地盤内にWIB工を構築すると、 WIB工の構造体としての剛性が上載荷重を地中に分布させるので、建物荷重に対する支持力が原地盤の強度よりも極限支持力において増す構造形式を取ります。 WIB工は、平面的な広がりを持って構築されるので、建物などの上載荷重を均等に分散するように設計できます。その結果、地盤の不同沈下を抑制でき、建物の安全性が向上します。